「パーキンソンの法則」を理解しお金持ちへの切符を手に入れよう

  • 9月 16, 2019
  • 9月 16, 2019
  • 考え方
  • 11view
目次

パーキンソンの法則をご存知ですか?

法則名は知らなくても内容はご存知の方もいるかもしれませんね。「パーキンソンの法則」とは1958年にイギリスの学者であるシリル・ノースコート・パーキンソンが提唱した法則です。

第1の法則仕事の量は、完成のために与えられた時間をすべて満たすまで膨張する
第2の法則支出の額は、収入の額に達するまで膨張する

第1の法則は時間に関して、第2の法則はお金に関して言及しています。お金持ちになるためのヒントはお金に関連する第2の法則に当てはまるので、こちらをクローズアップしてみたいと思います。

財布に一定の金額を入れておくとある分だけ使ってしまうという人がほとんどだと思いますが、これがパーキンソンの第2の法則にそのまま当てはまります。逆にこの法則を逆手にとる事でお金持ちへの切符を手にする事ができます。

その答えは財布に入れた金額だけ使ってしまうのであれば、最初から減らした金額分を入れておくようにするのです。そうすれば、使おうと思っても使えないので減らした金額分でやりくりするようになります。しかし、ここで終わりではありません。減らした分から残した金額をどうするかでお金持ちになれるかどうかが決まります。まずは貯金してそのお金を投資に回す事で資産が増え、これを繰り返す事で資産を築いていきます。貯金するだけではその金額を貯めるだけなので、いつまでたってもお金持ちになる事はできないでしょう。

投資と聞くと拒否反応を示す方が多いと思います。それはやはり損をする可能性があるからだと思います。リスクを負わないとリターンも得ることができません。しかし、闇雲に投資しても損をしてしまうと思います。損をしないためにはどうすればいいか、これを自分で考え実行できる人がお金持ちへの切符を手にすることができます。

まずは少額から投資をしてみることでいろんなことが分かると思います。そして少しずつ積み重ねていく事でお金持ちへの道を少しずつ前進することができるでしょう。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!